[PR]

外反母趾の手術をする前に

外反母趾は手術で治すものだとお考えの方は多いかと思いますが、実は手術をしないでも治る可能性があります。また、手術をして変形した足を整えたとしても、根本原因が解消されないままではまた外反母趾が再発してしまいます。

逆に、根本的な原因をしっかりと解消させれば、痛みはなくなっていきますし、変形も完全とまではいきませんが解消される可能性は高いです。

手術をすることでかえって症状が悪化する場合もありますので、まずは自分の外反母趾がどういった状態になっているのかをしっかりと理解するようにしましょう。

まずは、外反母趾による変形がどの程度進んでいるのかを見てみましょう。変形していても歩行にはさほど支障がない、もしくは、変形しているが親指を動かせる力が残っている場合には、まだ十分に手術なしで改善出来る余地があります。

変形によって靭帯が伸びきってしまい、指全体にまったく力がなくなってしまっている場合には、たとえ手術で変形を治しても、また外反母趾が再発する可能性があります。

というのも、形だけ治しても、弛んで力が入らなくなってしまった指は手術で治すことは非常に難しく、結局また変形が始まってしまう、手術費用を損しただけ、ということになる可能性もあるのです。

ですのでまずは、保存療法で様子を見て、外反母趾に改善がみられるようだったらそのまま保存療法を継続していくという手段を取るのが良いでしょう。

では実際に、自分で出来る外反母趾の保存療法というのにはどのようなものがあるでしょうか。ここでは、外反母趾を専門として研究している笠原先生が勧めているものをご紹介します。

まずは現状維持のためにテーピングを行う。このテーピングは、足を正しい形に誘導する役割も持ちますので、外反母趾の悪化を防ぐだけでなく、外反母趾の症状の改善にも役立ちます。

痛みがないのであれば、足指の可動範囲を広げるためのストレッチなども少しずつ行うようにしましょう。また、痛みがある場合でもテーピングをしっかりと行えば、痛みは必ず解消されます。

こうして痛みがなくなったら、テーピングで正しい足の形に誘導するとともに、正しい姿勢と歩き方ができるように意識して訓練を始めましょう。

きちんと正しく歩けていれば、足にかかる負荷が大幅に減ります。負担を減らすことができれば外反母趾の症状はぐっと良くなりますし、正しく歩くことで膝や腰にかかっていた負担も減ります。腰痛や肩こりに悩んでいる人にも、これはお薦めの方法なのです。

とはいっても、素人でできる保存療法にも限界があります。テーピングが本当に正しくできているのか不安に思う方もいるでしょうし、ストレッチや運動を行ってもなかなか改善しないけどこのまま続けて大丈夫なのかと思うこともあるでしょう。

そんな時には迷わず、外反母趾の専門家に診てもらいましょう。痛みがないから、軽い症状だしなどと思わず、初期のうちにしっかりと対応ができれば、外反母趾が綺麗に治るのも早くなります。

先述した笠原先生も、外反母趾の研究に力を入れており、外反母趾を治すための技術や知識を多くの人に伝えています。

笠原先生の外反母趾治療の技術を受け継いだ接骨院やサロンも全国にありますので、不安があるのならばまずは専門家に診てもらい、外反母趾の正しい対処法を学ぶと良いでしょう。

また、どうしてもテーピングが難しいという方に向けて、笠原先生はもっと手軽に外反母趾の改善に役立つ靴下やサポーターなどの商品開発も行っています。

テーピングとサポーターを併用して手軽に、かつ効果的に外反母趾を改善させていく手法もあります。保存療法は時間のかかる手法ですが、デメリットが非常に少ないです。自分の足と身体の状態にあった方法を選んで、地道に外反母趾を治していくと良いでしょう。


お薦めサイト一覧

■リノベーションの比較検討が出来るサイトをご紹介しています。
こちらです→http://www.csmeschool.com/

■血圧計専門サイトをご紹介しています。
血圧計専門サイトはこちらから。

キャバリアのしつけや飼い方を詳しくご紹介。

高血圧治療の名医をご紹介していますのでこちらをご覧ください。

犬の無駄吠えをやめさせる方法をご紹介しています。

新着情報

 2017年05月24日:外壁塗装と宮城県
 2017年03月24日:美容とネイルケア
 2017年02月01日:糖分補給で頭の健康を