外反母趾手術.net » ブロック注射と肩こり治療

ブロック注射と肩こり治療

肩こりというにはその原因としてパソコン漬けの生活やストレス、また頚椎症と様々です。そもそも肩こりとは肩の関節に痛みが生じ可動域に制限がある状態を指します。

場合によっては、その症状で寝付くことが出来ないこともあります。そのような状態で、薬物療法やリハビリといった運動療法を行ってもなかなか症状が改善しない場合には、即効性のあるブロック注射が用いられることが多いです。

個人差はありますが、患者によっては1度のブロック注射で肩に可動域が広がり、症状が随分と楽になったという方もいらっしゃいます。

ブロック注射とは痛みを感じる神経そのものに局所麻酔薬を作用させることで、痛みを感じることのない状態にする治療法です。肩こりや腰痛などに使われるブロック注射は、一般的なのが星状神経節ブロック注射です。

これは首の付け根にあり頭や肩、さらに上腕を支配している神経の塊に麻酔を作用させ、症状を解消する手法です。

そのような手法で痛みを解消することで、滞っていた血流を改善し、血行を活性化させることで人間の身体が本来持つ回復力を高めることが出来ます。もう一つが圧痛点の局所神経ブロック注射と肩甲上神経ブロック注射です。

これは痛みを感じている部位や神経の付近に局所麻酔薬を注入することで痛みをとります。高い鎮痛効果と即効性が期待できるので、これらの施術をした後にリハビリといった運動療法行うことで、より効率的な治療効果を得ることも出来ます。

肩というのは日常生活の中で非常に頻繁に動かす部位であるので、肩こりというのはやっかいな存在ですよね。スポーツをやっている方だとその影響はなおさらだと思います。

肩こりや肩の痛み、腰痛などの悩みを抱えている方は是非一度、整形外科やペインクリニックにかかり、医師に相談してみることをお薦め致します。