外反母趾手術.net » 健康と気管支炎

健康と気管支炎

気管支炎は、風邪をひどくした場合に似ている症状が起こりますが、主なものは咳やひどい痰です。また風邪の場合は鼻や喉、声帯の部分を中心にして炎症が起こりますが、気管支炎の場合は、気管支の部分に炎症が発生し、その部位はより奥のほうになります。

また同じような症状として肺炎がありますが、X線レントゲン写真を撮影し、肺炎ではないようであれば、ほぼ気管支炎と断定することができます。

この病には急性のものと慢性のものがありますが、急性の場合は炎症全般を指し、慢性の場合は咳や痰が2年近くも続きます。冬に特に咳などが多くなり、また放置すれば肺性心へ進行する恐れもあります。

この治療は、気管支の拡張剤を用います。また子供によく処方されるのが、ホクナリンテープという拡張用のシールですが、体に貼り付けて皮膚から成分を吸収させますので、薬が苦手な子供には与えやすいものです。

去痰剤もよく処方されます。これは痰をサラサラな状態にし、痰の切れをよくします。慢性の場合は、特に根気強く治療に取り組まなければ健康は取り戻せません。

また喫煙は特に健康に影響が大きく、ほとんどの場合は禁煙を義務付けられます。また、聴診の際にヒューという音が聞こえることでも判断されます。

肺炎や気管支炎は、呼吸器の感染症ですので、風邪やインフルエンザなどにかかってしまい、喉に炎症が起こると発症する確立が大分高くなります。

まずは風邪やインフルエンザなどの健康に気をつけ、手洗いや水道水でのうがい、マスクの装着をかならず実施すべきです。

インフルエンザではまた、ワクチン接種も大切です。気管支炎に似た病気に、子供がかかる気管支喘息があります。

ダニやカビ、埃やペットの毛などのアレルギー反応によって起こりますので、できるだけその原因を特定し、健康を害してしまう原因をつきとめなければなりません。また空気を汚すもの全般、例えば石油やガスストーブなども控えなければなりません。