外反母趾手術.net » 整体とカイロプラクテイックの違い

整体とカイロプラクテイックの違い

身体のゆがみを治すためには「整体」と呼ばれる治療法が効果があるとされています。これは骨盤のゆがみであったり、背骨が曲がっていたりと言うことを、人力や機械を駆使してゆがみを無くし、身体のバランスを正常に戻すことでヘルニアなどの治療になったり、美容やダイエットにも効果があるとされています。

そしてそれとは別に「カイロプラクテイック」と呼ばれるものがあります。これはよく整体と混合されがちなもので、整体を英語に訳したものであるだとか、逆に海外で行われているこのような施術の日本語訳が整体であるとか言われますが、厳密に言うとまったく違うものになります。

共通している点としては、「身体の動きを正常にする」治療法であると言うことになります。血を出さずに身体のゆがみを治して、それによって身体の異常を取り除くと言うことになります。

それが共通点である以上、人体においては血を流さないで済むためあまり害が無いものとして知られています。

整体から説明すると、これは人力が主な治療手段になります。ベッドなどの大型の器具を使い、その上で血液の循環を促進する、普通のマッサージとは違うマッサージを行なったり、ツボを刺激したりすることが整体になりますが、これは普通のマッサージと違って基本的に1人では出来ないものが多くなります。

一方のカイロプラクテイックは背骨の微妙な狂いから病気の原因を発見し、それをサブラクセーションと名づけてサブラクセーションを直して行くことになります。

つまり、整体は全体のバランスを見て異常を発見し、それから治して行くのにたいしてカイロプラクテイックはまずは背骨と言うひとつのところに注目し、それで異常を発見し、そこから治すと言う、全体を見るのか一部分を見るのかと言うところの違いになります。

五十肩の名医はこちらからご覧頂けます。