外反母趾手術.net » 五十肩と四十肩の違い

五十肩と四十肩の違い

四十肩と五十肩、これらは何が違うのでしょうか? どちらも聞いたことがあるのに、診断を受ける場所によって五十肩とのどちらかを告げられてしまうと特に困ってしまいます。

また温泉の効能として五十肩とあるのに、病院では四十肩と言われた、などというケースもよくあるようです。実際、四十歳の発症、そして五十歳の発症、この違いだけかもしれない、という方が多くいらっしゃいます。

また、実はこの解釈は当たっています。五十肩という名前は俗称、つまり病気のあだ名のようなものです。正確には肩関節周囲炎と呼ばれ、病院によってはこの名前で診断を付けるところも少なくありません。

老化によって硬くなってしまった肩関節の腱、関節の炎症の症状を指し、またこの症状が原因となって肩が動かせない、挙げられない、と言う症状が起こるのを、五十肩などと言います。

また、現在は五十歳の方がもっとも多く発症するといわれ、もっとも多く呼ばれる名前は、やはり五十肩です。また昔は六十肩というものもあったそうです。

このことから、最初は六十肩で、次は五十肩、というように、肩関節周囲炎にもっとも多くかかる年齢層の変化は一定のリズムを持っていないということが可能です。しかしながら、実際は年齢層は若年化傾向が強いそうです。

つまり六十歳の方はほとんどかからず、今後は四十歳の方が最も多く発症するのかもしれません。四十歳と五十歳の違いといえば、症状の差はそれほどないと言えますが、1つだけ挙げるとすれば五十歳のほうが発症期間が長くなりがち、ということです。

治療法についても、五十歳の場合はリハビリの頻度も上げにくくなると言えます。それだけ肩の筋肉の衰えが進行しているからですし、急性期の痛みについてもやはり強くなりがちかもしれません。

いずれにしても治療の大きなポイントとなるのが、肩関節の可動域を発症前の状態に完全に戻すこと、そのためにはできるだけ早期からのリハビリが必要です。