外反母趾手術.net » 腰部脊柱管狭窄症と運動療法

腰部脊柱管狭窄症と運動療法

様々な重度の疾病に効果が高いといわれる運動療法は、腰部脊柱管狭窄症の保存療法としても高い効果を発揮します。

また病院では、腰部脊柱管狭窄症の名医が状態をチェックし、腰部脊柱管狭窄症に最適な運動法をアドバイスしてもらえます。腰部脊柱管狭窄症の痛みやしびれの度合い、下肢の筋力や、体幹の柔軟性、姿勢の傾向、動作の仕方などを総合的に判断してもらえるのが大きなメリットです。

また運動療法の目的については、狭窄が起こっている部位以外の運動性を高めます。このことが腰部脊柱管狭窄症患部への血行を刺激することに役立ち、自然治癒力を高めます。

また体幹にある筋肉を強化することで、腰椎の安定性を高めることができます。もちろん長い間狭窄症を持っていた場合は、筋力低下や柔軟性の低下、姿勢の悪化などを改善し、予防することができます。

また運動では本格的なエクササイズができる場合は多くありません。このことから、ストレッチが特に有用です。

柔軟性を改善し、血液循環を改善、エクササイズが原因となる筋肉痛の緩和にも役立ちます。また多くの場合、骨盤の周囲にある筋肉の柔軟性が低下することで、腰椎や骨盤の動きが悪化しますので、下肢のストレッチに重点を置きます。

またウォーキングは骨盤の動きを活発にすることができますが、ねじったり、傾かせるなどの負荷を頻繁に与えることで、骨盤周囲筋に柔軟性を与え、骨の鍛錬にも有効です。

骨は一定の刺激を与えなければ老化がより早まりますので、負荷も少ないウォーキングは多くの場合必須のリハビリメニューであると言えます。水泳にも効果があると言われますが、この陸上での骨への刺激ほどの効果はありません。また、腰部脊柱管狭窄症の移動に便利と言われる自転車も同様です。

また水泳で泳ぐ場合は背中や腰を反らせてしまうのが常ですので、腰部脊柱管狭窄症には不適当だといえます。

また腹筋と背筋をできるだけ鍛えて腰への負担を減らす、このことは腰部脊柱管狭窄症のリハビリでは基本中の基本です。家の中で布団に寝ながら徐々に負荷を与えていくだけでも、継続させればある程度以上の効果を出すことができます。