外反母趾手術.net » 五十肩について

五十肩について

五十肩は四十肩とも呼ばれ、肩関節の周辺に起こる炎症の症状です。これにより、急性期では特に激しい痛みが起こったり、肩周りの可動域が著しく狭まる、たとえば上にまったく上がらない、後ろ側にまわすことができない、というような状態になります。

正式な病名は五十肩ではなく、肩関節周囲炎ですが、炎症は最初のうちはあっても、徐々に消えてきます。しかし消えても炎症があるような痛みは持続し、可動域もほぼ改善できていない場合がほとんどです。

この五十肩の原因は現代医学でもわかっていません。50代の方に多いため、老化によって筋肉が硬くなり、そのことが炎症を起こしやすくしているから、という単純な考え方もあります。

また、肩を痛めやすい仕事をされている場合はより五十肩が起こりやすいと云われています。五十肩は長く治療が必要になる、ということや、片方の腕が発症すると、それが完治してももう片方にも症状が出やすい、ということも云われています。

五十肩の痛みの症状は他の筋肉痛や炎症などとあまり変わりません。診断の際には可動域の確認を多く用いてその症状を確定していきます。

また、重いものを持ち上げたり、朝起き上がりの際などに、ぎっくり腰のように突然に肩に激しい痛みが走り、そのまま動かすことができなくなる、という場合が多く、歯磨きやネクタイを身につけたり、髪結いなどの動作も困難になりやすく、指で押してみると後ろ側はほぼ痛みがなく、前側が特に痛む、という場合も顕著です。

五十肩はそのまま放置したとしても1年もすれば自然治癒されます。しかし、その間中ほうっておくという方は稀です。痛みによりなんらかのリアクションをします。

治療をし、少しでも早い改善を試行します。病院では鎮痛剤を投与したり、リハビリメニューを課します。早期改善のためにはやはりリハビリが重要です。可動域改善のための体操をしなければ、完治しても可動域が狭くなっている場合も多く見られます。