外反母趾手術.net » 変形性膝関節症のガイドライン

変形性膝関節症のガイドライン

変形性膝関節症には様々なガイドラインというものが存在しています。これは指標、指針、誘導指標、指導目標などと訳され病気の進行状態やそれに対する治療の方向性についてなどを決める基盤として利用されます。

医科大学や厚生労働省など様々な機関がガイドラインを制定しておりそれらを元に各医療機関で変形性膝関節症の手術や治療を行っています。

変形性膝関節症では症状の進行具合をグレード1から5で段階分けしたり病気の概要をまとめることで病気に関する共通認識を持たせようとしています。

例えばグレード1,2なら手術する必要はほとんど無く、運動療法や理学療法などといった保存療法によって変形性膝関節症を治療することが可能であることや、グレード5になると保存療法による治療は難しく外科手術を行う必要があるといった具合に記載して治療法の大まかな指針をあらかじめ用意しておくことでする必要の無い治療をさせないようにしています。

このような変形性膝関節症の基準は年々新しいものが作られており、時代が進むにつれデータがどんどん蓄積されていくため最新版のほうがより正しい情報を手に入れることが出来ます。

ガイドラインには多くの情報が記載されており、治療の手順や予防法、発症者の統計、BMI値との因果関係などありとあらゆる情報が記載されています。

医師の中にはこうしたガイドラインが間違いであるとして新しい基準の制定を希望している方も多く、そうした声を受けてかガイドライン制定委員会は毎年様々なデータを集計して制定に望んでいます。

これらの情報はインターネットショップなどでも販売されていますが、医師向けの内容なだけにそうした知識が無い人が見てもあまりよくわかりません。

そうした情報を参考にして分かりやすいようにまとめている本もいくつか販売されていますので、興味がある方はそうした本を読んでみると良いでしょう。