外反母趾手術.net » 首のストレッチについて

首のストレッチについて

大事な社内プレゼンを控えているというのに、日中は会議やら外回りやらで全くプレゼンの準備が進まない。となると、定時終了後にプレゼン作りを行うということになるでしょう。

しかし、やる気とは裏腹に、どうも集中できず、さらに日中の疲れがどっとやってくる・・・、というのが最近の日本人の典型でしょうか。働き過ぎだと言われる日本人ですが、そうは言っても働かないわけにはいきません。

先に述べたとおり、どうも集中できないという症状。この症状、「首コリ」が原因となっている可能性があります。首コリには中川式ストレッチングベンチがお薦めです。

私たちは、毎日のようにコンピューターや携帯電話などを使っています。そのため一昔前に比べて、眼を酷使しがちです。そして、眼に疲労が溜まってきますと、血行が悪くなってしまい、そこから首コリ、肩コリへと発展していきます。

こうなってきますと、俗に言う「眼の奥が重い」という症状になっていきます。あまり意識していないかもしれませんが、我々人間の首は毎日のように頭を支えているわけです。

実はこの頭、重量が約4キロほどと、意外に重たいものであり、しかも我々日本人は、その体格の割に頭が大きめであるために、首周辺の筋肉にかかる負担も比較的大きなものとなっています。

これでは、首や肩が凝ってしまうのも仕方がないというものです。また、コンピューターを使ったりというデスクワークなどで長時間同じ姿勢でい続けると、さらに首への負担が増加してしまいます。

こういったことが原因で、「疲れが取れない」といった症状が引き起こされるわけです。そういった症状を改善するためにも、首まわりのストレッチが重要となるのです。椅子に座ったままでもできる簡単なものばかりですので、ぜひ試してみてください。