外反母趾手術.net » 椎間板ヘルニアと自己診断

椎間板ヘルニアと自己診断

腰痛が頻繁に起こる、という場合、まずは病院に行って検査を受けることが大切です。しかし、なかなか時間がなくてどんどん後回しにしてしまわなければならない場合などは、ある程度自分で診断することができればいいと思われる方は多いと思います。

椎間板ヘルニアの自己診断として、まずその症状の継続期間や発症頻度などから分析することができます。

椎間板ヘルニアでは、特に腰痛や下肢の痛みなどが顕著ですが、この痛みが持続し、またその期間も2、3週間は続いている、というケースでは椎間板ヘルニアの疑いが強いと思って間違いないと思われます。

単なる疲れによる腰痛の場合、その痛みが大きくなって、徐々に小さくなることが常ですので、痛みが同じであったり、大きくなってしまう場合は要注意です。

この他にも椎間板ヘルニアの単独での自己診断方法は多くあります。直立姿勢をとった時に、鏡などで見て、背骨が曲がっていないかどうかを確認してみて、左右のどちらかに明らかに曲がっているという場合も椎間板ヘルニアの可能性が高いと言っていいと思います。

また、前かがみの姿勢に違和感が無いかどうか、痛みがあるかどうかをチェックして、痛みがある場合は危険であると思われます。

腰椎椎間板ヘルニアでの特徴的な症状である坐骨神経痛を確認するためには、脚のつま先立ちができるかどうかをチェックし、もしも不安定になったり自分の力がかなり減っていると感じる場合も可能性が高いと言えます。

この他に自分でできるテストとしては、脚を使用したSLRテストや、病院の理学所見で行われるような反射テストも多くあります。

知識を豊富に持っている方であれば、自己診断でもかなりの部分まで進むことが可能です。そしてもしも可能性が高く、かつ間違いないと判断できた場合は、できるだけ早期に病院での診断を受けることが必要です。

特に自分ではできない画像検査をしてもらうことで、腰椎椎間板ヘルニアのほとんどが確定診断可能です。