外反母趾手術.net » カイロプラクティックと冷え性

カイロプラクティックと冷え性

腰痛や肩凝り、または便秘や生理痛など、病院や市販薬などの改善法を試しても効果が無かった、という場合、体質に依存したものとして諦めている方も多いと思います。

しかし、根本的な原因が冷え性から来ているとしたら、まだまだ諦めるには早すぎます。この病になると様々な身体の不調をきたします。

そしてそれらを根本から絶つために効果的なのがカイロプラクティックの治療です。カイロプラクティックでは背骨のズレを調整したり、筋肉が緊張を起こしている状態をほぐし、血行がよくなったり自律神経が活発になります。

これは身体を温めるのにも大きな効果があると言えます。足のむくみや冷えの症状を訴える人は多いですが、カイロプラクティックで背骨や筋肉を調整することで、足首の関節の機能低下も改善され、歩き方の姿勢も整っていきます。

さらには膝や股関節といった部位の治療をして脚全体の悪い傾向を正し、日本人の多くが悩んでいるO脚にも効果が現れます。

冷えといえば脚、そして脚の冷えといえばふくらはぎに注目するのが常です。身体には常に重力がかかっていますが、この状態で物を持ち上げたり、立ったままの姿勢を長時間維持すると脚の筋肉が固まり、心臓だけの力で血液や体液を上に戻さなければならなくなります。

つまりこれはかなり難しいことです。下半身の循環を保つためのふくらはぎの筋肉がうまく収縮するようになれば、ポンプ作用となって体液が上に押し上げられ、心臓から新しい血液が戻されるようになります。

足は第二の心臓、つまりふくらはぎは第二の心臓ですので、カイロプラクティックでもふくらはぎの機能低下に注目して治療を行います。

この収縮不足は運動不足が大きな原因です。サービス業で立ちっぱなしの方はもちろん、ふくらはぎに負担をかけないデスクワークでも収縮が起きない状態は要注意です。

また、特に女性は脂肪の割合が多く、筋肉は逆に少ないため、カイロプラクティックで積極的に予防を心がけると良いでしょう。薄着のファッションをしたり、締め付ける下着やスーツなどの影響も大きいと言われています。

腰部脊柱管狭窄症の名医をご案内