外反母趾手術.net » 靴選びのポイントについて

外反母趾にオススメの靴

外反母趾の大きな原因のひとつには、履物が合っているかどうかということがあります。合わないものを履いていれば当然、身体に無理が出て外反母趾などの異常が発生します。

もちろん、もともと歩き方が悪い、姿勢が悪いというのも大きな原因ではあるので、その原因は半々くらいで考えておくと良いでしょう。

しかし半分、と言うのは非常に大きいです。ですからしっかりと考えて、自分の足に合うものを選ぶようにしましょう

オーダーメイドで自分の足にぴったりと合うものを購入できるのが一番良いのですが、現実にはオーダーメイドは高価になりますので、なかなか難しいところがあります。

そこで次善の策としておすすめするのが、甲部分でサイズを調整できる商品を選ぶことです。甲部分が調整できるのであれば、購入時点で必要となる選択項目をひとつ減らすことができます。

スニーカーなどのひも靴はそういった意味で、予防と改善に大変有効です。また、パンプスでも甲の部分を調整できるものはありますので、できるだけ調整の効くものを購入しましょう。

他に選ぶ際のポイントは、つま先が狭すぎないこと、ゴム底の緩衝機能がしっかりしていることなどがあげられます。

これらは自分の足に合わせて履いてみればなんとなくわかるので問題ないのですが、症状の改善や予防のために購入するということであればできれば、テーピングの機能を備えたものをお薦めします。

少し高価にはなりますが、ちょっと良い製品ならそのくらいだろう、という程度の値段で特別お高いというほどでもありません。

パンプスやシューズなど、場面に合わせて様々な種類のものが販売されていますので、できることならこういった治療と改善を視野に入れて開発されたものを履く方が良いでしょう。

また、それでもやはりお値段が、という場合には中敷きでゴム底の緩衝機能を補強してくれる商品もありますので、手の出しやすいところから始めてみると良いです。