外反母趾手術.net » 外壁塗装と宮城県

リフォーム

外壁塗装と宮城県

東日本大震災の被害として、外壁の落下事故も多く発生しました。主にはタイルやモルタルなどの外壁の仕上げ材が、地震による急激な劣化やその衝撃によって基部から剥がれてしまい、それが大きくなると落下事故になってしまいます。

現状でも、このような落下事故に繋がる恐れがある建物は多くあると言われています。

剥がれがもし大きなものであれば、直接通行している人に当たったり、車の窓ガラスが割れたりといった急激な被害をもたらす可能性も大きく、地震後の建物の強度のチェックには、外壁の歪みや劣化を含めることが必要です。

実際に外壁の浮いている箇所を調べるためには、壁面を専用の棒などでたたいて、その音の高低によって調べていますが、こういった方法ではかなり時間がかかってしまい、また足場なども必要な場合はより費用なども大きくなるのが常です。

しかし最近は赤外線サーモグラフを使用して調査することも可能です。

また、地震によって外壁塗装も劣化している場合がほとんどですので、建物自体の寿命を縮めないためには、早急な外壁作業が必要な例も多くありますが、耐震性能に疑いがあるかもしれないということで診断士を呼ぼうと思っていたり、まだ他のことが解決していない、という例も多くあるようです。

地震前にもほとんど手を加えなかったという例も多くあるようですが、外壁材そのものが損傷が大きいと、それを撤去して、新しい外壁材を貼らなければならなくなります。

宮城県での外壁塗装の目安としては、その材質によってももちろん変わりますが、一般に10年程度から15年程度が目安と言われています。

またもちろん立地条件やそれぞれの使用環境などによっても変化しますが、見た目として劣化や水の浸入などがなければ、大体の目安としていいようです。

また費用については、100万円程度から150万円程度が目安ですが、もちろん家のサイズや素材の変更の有無などによってはかなり変化する場合もあります。

最強の製品!スチームファーストの評判とは