外反母趾手術.net » 神経根ブロック注射について

神経根ブロック注射について

神経根ブロックと言うブロック注射があります。これは、ルートブロックともいい、主にどの神経根が悪いのかを発見して、治療をしていきます。医師のレベルにもよりますが、これにより的確に痛みを無くすことができるでしょう。

この方法では、炎症を止めることができます。炎症を止めることで血流が正常になり、痛みを感じるところを治していきます。

同じ様な治療方法の硬膜外ブロック注射と比較して、このブロック注射の方が炎症を止める効果が高いと言われています。

また、硬膜外ブロック注射の場合は、最後まで薬が到達しないで、肝心なところまで薬が届かないということがありますが、このブロック注射の場合は、炎症が起きている神経根の中に薬を入れるので、確実性の高い効果を得ることができるでしょう。

ですが、神経に直接注射を打つのでかなりの痛みが出ます。ですので、多少覚悟をしないといけません。医師によっては、普通に激痛に襲われることもあるので、しっかりとした医師を選びましょう。ちなみに、良い医師でも痛い場合があるので、注意してください。

このブロック注射にはもう一つの効果があります。それは、選択的にブロックすることができることです。これにより、痛いところをブロックしてヘルニアなどを一時的に和らげることができます。

この時に、本当にこの場所で良いかを判断するためにも打つので、判断が長引くと激痛が何回も来るので注意しないといけません。これが主に皆さんが言う激痛の1つです。

もしも痛い部分が違った場合は、他の症状である場合もあるので、結構重要な調べ方ですね。これも医師のレベルが関係しており、良くないと沢山打たれるので、注意しましょうね。

このようにこのブロック注射は、他のブロック注射よりは良いのですが、結構痛い思いをしないといけないブロック注射です。また、医師のレベルも結構重要になるので、やる時はキチンと注意しておきましょうね。