外反母趾手術.net » 椎間板ヘルニアと安静

椎間板ヘルニアと安静

椎間板ヘルニアの治療において、特にその急性期の期間では、安静にすることがもっとも大事です。単に静かにして経過観察をすることもよく薦められますが、椎間板ヘルニアの最大の良薬といってもいいこの方法にもやり方があります。

安静を維持することによって、血液の流れが悪化します、また、このことで代謝物が増え、椎間板ヘルニアの痛みが増強する可能性があります。

このことから、十分に安静をとったと感じたら、ある程度運動をすることも大切になってきます。特に腰痛は背筋の負担が大きい場合に起こりますので、腹筋を強化して骨を守る力を増強させることが椎間板ヘルニアの改善には大切です。

腹筋の強化といえば、基本的な腹筋運動を想像される方は多いようですが、椎間板ヘルニアに効果的な腹筋運動としては、無理の無い有酸素運動などが推奨されます。

また、たて膝の状態から後ろのほうへ倒れる方法で、この倒れる間の時間をできるだけ長く維持していく方法があります。この方法は負担をコントロールしやすく、また効果が出るのも早くなることが期待されます。

しかし、急性期では、体操をすることで突発的な椎間板ヘルニアの痛みが再発する可能性もありますので、できるだけコントロールできるようになるまでは、わずかずつ行っていくことも必要です。

徐々に増やしていったり、段階的に増やしていくなどの工夫をすることで、いたわりながら、後は無理をしない状態を持続させることが必要です。

症状によっては医師のアドバイスを受けながらすることも大切ですので、経過観察ばかりではなく他の病院でのアドバイスを受けるのもよい方法です。またあまり椎間板ヘルニアの痛みが強いと感じたら、注射や薬物投与などを申し出ることも大切です。

注射や薬物で痛みが引いたら、また体操を再開できるようになります。このように順調に急性期を乗り切れば、後は慢性期に入ります、医師にその期間の経過をどのようにすればいいかをよく相談しながら、次の治療メニューへと移っていくことができます。