外反母趾手術.net » リノベーションの意味

リノベーションの意味

リノベーションという言葉は、改修、増築などにより新たな価値が生み出され、使い勝手などの面での改善など付加価値をさらに増加させたり用途を変させるという意味があります。

再生するというようなニュアンスに近いかもしれません。よくある質問が、リノベーションとリフォームというのは、どこがどう違うのですか、といったことです。

そのような質問をする人は、どちらも建物や居室、店舗などを新しく綺麗に改修することからリフォームと同じじゃないかと思っていることが多いわけです。

意味的にいうと、最初に書いたように、かなり前向きな意味として捉えたほうがよいと思います。リフォームの話が出てきましたが、これは経年ダメージなどにより古びた内装・外装を単に改修することを指す言葉です。

つまり、修理するといったニュアンスや意味で使われています。リノベーションでは、付加価値を増加させると説明しましたが、はっきりとわかるのが、リフォーム後に不動産の価値があがるということなのです。

一番の目安となるのは、不動産物件の査定額が、かなりアップしているかどうかで、リノベーションをしたことが、効果があったのかどうか確認することができます。

しかし、これはあくまでも目安の価格ですので、本当に価値が上がったか、下がったかということはあまり重要ではありません。

要はお住まいになる人が、家族の方がみんなが満足のいくリノベーションであることが重要なんです。そこに求める価値というのは、千差万別です。

つまり、一般的な不動産の価値ももちろん重要なんですが、リノベーションでできあがった物件というのは、もっとオンリーワンなものであるはずです。

ですから、そこのところを勘違いしないようにしたほうがいいでしょう。どんな人がリノベーションをしたいのかによって、その価値は変わるということです。