外反母趾手術.net » 腰椎分離すべり症

腰椎分離すべり症

腰椎分離すべり症は分離症になった方が併発する病気です。分離症の場合は椎骨棘突起が折れてしまうことで腰痛が起こり、またすべり症になりますと椎骨がすべることが原因で傷みが起こります。

すべり症にはこのような違いはありますが、どちらも椎間板の経年による劣化が主な原因です。年をとっても人間の体の動作方法はほぼ変化しません、この傾向はとても強くなっています。このため、動作の負荷ばかりが高くなることが招く病気です。

すべり症になって神経への刺激などがなく無症状という場合もあります。また神経を刺激し、臀部や太股の裏側にまで痛みがあるようになる場合もあります。

ひどいすべり症の場合では歩行することができなくなったり、長い距離を歩くことができない、という症状も出ます。すべりが出ている部分以外での問題が発症するケースもあり、早期のレントゲン検査が必須でしょう。

すべり症や腰椎分離症の治療方法には大きく分けて、保存療法と外科的療法があり、保存療法は患部を直接触ることなく薬や注射、理学療法などを試行し、外科的療法は手術、患部を切開します。

保存療法で一般的な方法は安静にしたり生活指導を受け無理な姿勢を避けるようにしたり、またはコルセット等の装具を装着したりマッサージ、温熱などの理学療法、またブロック療法で患部に注射をし、血行をよくして自然治癒をしていくものもあります。

うまく指導を受けることですべり症の改善が見込まれますが、患部が腰ということもあり、その確率はそれほど高いものではないようです。

また、手術では脊椎をもとの場所に戻すことを目的としますが、患者自身の骨盤から骨を移植したり、他にも人工の骨を用いる場合もあります。インストルメンテーションと呼ばれる方法で金属などの素材で固定する場合もあります。

背中、または腹部からの切開になり、どちらになるかは患部の状態によって決定されます。もちろん入院することになりますが、その期間は大体2週間前後が目安でしょう。